2006年06月13日

最近のアドセンス狩り関連の情報

最近はアドセンス狩りも一段落しているようです。


グーグルさんも若干寛容になっているという話も聞きます。


が、しかしグーグルが不正なクリックを成果としてカウントして無いからアドセンス狩りの対策ができていると思ったら大間違い。


私がアボセンスされたときも成果としてカウントはされていませんでした。

クリック数だけが異常数値でした。


ですから成果としてのカウントはなくともアボセンスはされる可能性はあるということです。

(現在はもしかしたらアボセンスしないように対応してるのかもしれませんが)


それと一つ気になったのですがどうやらあわててグーグルさんに問い合わせのメールを送っている人にアボセンスされた人が多いみたいです。


問い合わせメールを送ることにより不正クリックを運営チームに認識させアボセンスといった図式があるのかもしれません。


まじめにするとバカを見るのか?


そんな気がしないでも無いです。


アボセンスされてしまったあなた!


そんなあなたにコンテンツ連動型広告 RSS広告 Adconmatch




<PR>
おすすめのブログ、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)
FC2ブログ
無料で利用でき、アフィリエイトの制限がないブログ。

審査のないASP
A8.net
電脳卸
稼ぐためにはこの二つははずせません。
登録、利用無料です。


審査はあるけど非常に稼ぎやすいASP

JANet
サイトブログが充実したらこのASPの審査も受けましょう。

小遣い・節約・貯蓄全般 - 小遣い
posted by 山田 at 15:12| Comment(5) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

アボセンスされた後のGoogle AdSenseの再登録情報from2ch

ネットサーフィンを楽しんでいたらこんな情報を見つけました。

うちはアドセンス狩りのキーワードでいらっしゃる方が非常に多いのでもし参考になればと思い紹介させていただきます。

ブログで音楽を流す方法さんでまとめを上げてられたので要約すると


アカウント削除になったURLでは2度と登録できない。
メールアドレス、住所は多少変えたくらいでは承認されない。
別サイトで別メールアドレス、別住所、別電話など全く別人として登録は可能。
別人として登録成功後、アボセンスされたサイトに広告張っても大丈夫のよう。


簡単にだけ要約させていただきましたがブログで音楽を流す方法さんの方に詳しく載っていましたので興味のある方はどうぞ。

私自身はもうアドセンス自体にあまり興味がないので再登録をする気は今のとこ無いのでこの内容について確認はしておりません。

この方法を試してももしかしたら後日何らかの方法で過去のアカウント削除がばれ再びアカウント削除の憂き目に会うかもしれません。再登録も保障は出来ませんのでその点はご了承ください。

<PR>
FC2ブログ無料で利用でき、アフィリエイトの制限がないブログ。

審査のないASP
A8.net
電脳卸。稼ぐためにはこの二つははずせません。
登録、利用無料です。


審査はあるけど非常に稼ぎやすいASP

JANet
サイトブログが充実したらこのASPの審査も受けましょう。

小遣い・節約・貯蓄全般 - 小遣い
posted by 山田 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(1) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

アドセンス狩り以外でのGoogle AdSenseのアカウント非承認

アドセンスの広告ユニットは1ページに3つまで設定できます。
この1ページというところに注意してないとアカウント削除されることもあるようです。
具体的にどういったことかといいますとブログ等で上段、下段、左右のエリア、どこでもいいですが2つアドセンスを貼ってるとしたらあとひとつしか貼れません。記事にひとつアドセンスを貼ります。
これで三つです。
さらに次の日の記事を書きました。それにもアドセンスを貼りました。

たいていのブログは過去の記事何回分かはトップページに掲載されますよね。

するとトップページに4つの広告ユニットが表示されることになります。
これで立派な規約違反。場合によってはアカウント削除です。
記事毎に広告ユニットを貼ってる人を見かけますがちゃんと数を計算しておきましょう。
こんなくだらないことでことでアカウント非承認にされても泣くに泣けないです。
もうすでにアカウント非承認の私には関係ないことではあるんですが(笑)
posted by 山田 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

アドセンス狩りにあってアボセンスされても

アドセンス狩りにあってアボセンス(アカウント削除のことです)されてもクリック保障型広告GoogleAdsenseだけじゃありません。
もちろん正直なとこGoogleAdsenseクリック保障型広告の中では最強かもしれません。
でもアドセンス狩りにあってアボセンスされたら家族名義でアカウント登録できる人は良いですがそうもいかない人もいると思います。
そういった方は別のクリック保障型広告を探してみてはいかがですか?
コンテンツ連動型広告 RSS広告 Adconmatchというのもあり充分アドセンスの抜けた穴を埋めてくれるのではないでしょうか。
やや広告の種類が少ない気もしますが役に立ちます。
最低支払額 5000円です。
アドセンスよりも報酬を受け取りやすいのではないでしょうか。
ちなみにアドセンス狩りを受けたサイトはしばらくの間できるだけクリック保障型広告はおかないほうがいいと思います。
通りがかりにやられたのなら大丈夫かもしれませんがあなたのサイトに恨みを持っていた場合はまたやられることになりかねません。
気をつけましょう。
posted by 山田 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(2) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

グーグルアドセンスのアカウントの再度取得

アドセンスのアカウント削除されたら今後参加することは出来ません。ただし、ご家族名義でとることは可能でしょう。
もし削除されても収入源としてアドセンスを使いたい場合はそういった手もあります。
私はグーグルがアドセンス狩りに何らかの対応を見せた後、再度アカウント取得しようと思います。
現在のグーグルの対応ではまたアドセンス狩りにあったとき無駄な労働力を使ってしまうだけになりかねませんので。
これだけ被害が拡大してるにもかかわらず対策をしないグーグル。
今のままの対応なら競合相手が出てきたときには一気に坂道を転がり落ちるかもしれませんね。ただかなり強力な競合相手でないと巨人グーグルには太刀打ちは出来ないでしょうけど。


追記

GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。


ちなみにアドセンス狩りを受けたサイトはしばらくの間できるだけクリック保障型広告はおかないほうがいいと思います。
恨みを持たれてる場合ならまた攻撃される可能性もあるからです。
posted by 山田 at 10:03| Comment(2) | TrackBack(5) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

グーグルアドセンス、アカウント削除になりました

グーグルからメールが来ていました。
要約すると

いかなる不正クリックも認められない。

広告主を保護するための措置。

今後アドセンスに一切参加できない。
 
保留していたお金は広告主に還元。

要はアカウント削除です

アドセンス狩りにあいながらもアカウント削除を免れた方はもともと非常にインプレッション数、クリック数が多いサイトの管理者が大半のようです。
うちのようにインプレッション数、クリック数が少ないサイトでは目立つからアカウント削除なのでしょうか?
一説によると零細サイトの管理者は問答無用でアカウント削除だが収益の高いサイト管理者はグーグルも見逃すというとのこと。
真偽のほどは分かりませんが調べていくとそういった傾向は確かに感じ取れます。

しかしアボセンスされるとは・・・。


JANetA8.netLinkShare(リンクシェア)電脳卸などでアドセンスの抜けた穴を埋めれるようにがんばっていきます。

ちなみに振込み申請していましたがアカウント削除のため今までのアドセンスの収益は全て消えました。

追記

GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。

ちなみにアドセンス狩りを受けたサイトはしばらくの間できるだけクリック保障型広告はおかないほうがいいと思います。
恨みを持たれてる場合ならまた攻撃される可能性もあるからです。
posted by 山田 at 09:33| Comment(9) | TrackBack(1) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

アドセンス復活させました

アクセス解析もいれ準備万端でアドセンス復活です。
しばらくはずしていた分稼いでくれることを祈ります。
アドセンス狩りのおかげで今月は収入減です。
ですが今月は力を入れたLinkShare(リンクシェア)ががんばってくれてます。
やはり大手ブランドの安心感からか力を入れるとあまり有名じゃないメーカーに比べ伸びやすいように感じます。
ポータルサイトっぽい雰囲気のあるサイトではLinkShare(リンクシェア)が結構強いですね。
ASPもそれぞれのサイトの雰囲気により使い分け方に気をつけると売上が伸び始める事がありますよ。



GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(1) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドセンス狩りの罪状は偽計業務妨害

いつもコメントくださるtaimaさんはアドセンス狩りに二度もあわれるもアカウント削除、回避できそうです。
今後被害にあわれた方はすぐにグーグルに報告しておきましょう。
私もアドセンス復活、がんばってみます。
ちなみにtaimaさんにお聞きしたんですがアドセンス狩りは偽計業務妨害に当たるということです。アドセンス狩りは立派な犯罪ですね。
狩人の人はアクセス解析などからもし捕まると大変です。
近い将来、被害が増えてきて警察も動き出すと見せしめに何人か検挙されるでしょうね。


GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そろそろアドセンスを復活

そろそろアドセンスを復活させてみようと思います。
アクセス解析も装備して万全の状態で望みたいと思います。
私がもし恨みを買っているならまた狩られるかもしれませんがそうでなければ大丈夫かなと楽観視してます。
ACR WEBの有料サービスを試してみようか無料の忍者TOOLで行こうか今悩んでます。


GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

被害届け

コメントを下さったtaimaさんはアドセンス狩りに二度もあわれたようですが今回はアクセス解析を全ページに張り巡らせ不審なアクセスを特定していらっしゃるようです。
今回の被害でアカウント削除になった場合は被害届けを出すということです。
私は考えもしませんでしたが警察なら犯罪という認識を持ってもらえればアクセス記録からやった人の割り出し等もできるかもしれません。
プロバイダーは犯罪の場合は警察に情報提供すると聞きました。
あまり詳しくはないので断定は出来ませんが・・・。
自分も匿名だからといって悪い事は出来ません。(もちろんしてないですけど)


GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 12:58| Comment(7) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

色々な方からの励まし感謝いたします。

アドセンス狩りでへこんでいたのですが色々な方からの励ましをいただき元気付けられました。
打つ手は打ったのであとは結果待ちです。
アドセンスは最近、銀行振り込みに対応しました。
私はその前からはじめていたので小切手だと手数料が高額という事で保留してました。
で、そろそろ銀行振り込みにも対応したし今までの報酬全部もらおうと思った矢先の出来事だったんでかなりへこみました。
とりあえず振り込みの申請は無駄かもしれませんがやっておきました。
無事振り込まれることを祈ってます。



GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

アドセンス狩り グーグルの対応2

グーグルからお返事ありました。
そのまま掲載しようかとも思いましたが著作権の問題が出ても困るので要約します。
不正なクリックと怪しいアクセスログをグーグルに知らせてグーグルが調査するとのことでした。
ただし不正クリックの判断等、すべてグーグルに権利がありますとのこと。
もしグーグルがダメだししたらアカウント削除ということですね。
おとなしく結果を待ちます。


追記

クリック保障型広告アドセンスの他にもありました。
コンテンツ連動型広告 RSS広告 Adconmatch
充分アドセンスの抜けた穴を埋めてくれるのではないでしょうか。
やや広告の種類が少ない気もしますが役に立ちます。
最低支払額 5000円です。
アドセンスよりも報酬を受け取りやすいのではないでしょうか。

ちなみにアドセンス狩りを受けたサイトはしばらくの間できるだけクリック保障型広告はおかないほうがいいと思います。
恨みを持たれてる場合ならまた攻撃される可能性もあるからです。
posted by 山田 at 21:04| Comment(3) | TrackBack(2) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドセンス狩り グーグルの対応1

グーグルにメール送りましたがまったく返信はありません。
ある人は後日いきなりアカウント削除のメールが返ってきたともいってました。
そのパターンかな?と思ってます。
大きな会社ですから即日返信というのは無いかもしれませんがなるべく早くお願いしたいものです。
ちなみに報告していませんでしたがアドセンス狩り にあった日の成果はクリック率何百%といったとんでもないものでした。
不正クリックはグーグル側でも分かってる模様で報酬としてはほとんどまったく算定されてませんでした。
それならその不正分だけカットするといった対応をしてくれれば良いのですが・・・。
アドセンス狩りにあった人の話を総合すると問答無用のアカウント削除が多いようです。
中には免れた人もいるようですが。


GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

アドセンス狩りで考えるリスク管理

アドセンス狩りでかなりあせりましたがこれもネット収入のあり方を考えるひとつの契機になってよかったです。
ひとつのASPに依存するのがどんなに危険か。
身をもって感じれました。
もしアドセンスのみに頼って稼いでる方、はたまた生活している方いらっしゃったら出来ればリスク分散しておく方が良いですよ。
結構あせります。
ランダムに攻撃されたのなら雷に打たれたようなものなので仕方ありませんが何か私の書いた物で不快に思われた方がいらっしゃってそのためこういった行動にでられたのなら私も反省しなければいけません。
初期投資がない分心の中にいい加減な部分もあったのかもしれません。
心新たにアフィリエイトがんばります。


GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GoogleAdsense狩り、不正クリックされました

前、忠告したGoogleAdsense狩り、私がやられました。
Googleには報告したのですがどうなることやら。
全てのサイトから念のためGoogleAdsenseはずしましたがアカウント削除になれば貯めていた報酬が消え去ります。
忠告した記事が目にとまってやられたのかな?
多分この先被害にあう方も出てくるでしょうからGoogleのやり取り等経過を順次報告していきます。

まずGoogleに不正クリックがあったことをメールで報告しました。
まだ返答は返ってきておりません。
被害の拡大を防ぐためサイトよりGoogleAdsenseを全て撤去。
以上が現在の状況です。
アカウント削除になれば今後はA8.netリンクシェア電脳卸等に力入れていかざるをえないです。
GoogleAdsenseほんとに便利だったんだけど残念だ。
GoogleAdsenseはあまり報酬公開などしない方がいいのかもしれません。


GoogleAdsenseのアカウント削除された人や審査がとおらなかった人は同じようなクリック保障型のコンテンツ連動広告 コンテンツターゲット広告 Adconmatch
TG−アフィリエイトプログラムに提携したら使えるクリック単価の高いCM-clickなどを利用してはどうでしょうか。

特にCM-clickはオススメです。
posted by 山田 at 11:30| Comment(6) | TrackBack(5) | アドセンス狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログでのアクセスアップの基本です
キーワードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。