2005年11月02日

ブログ、ホームページを運営していく上で他人とのトラブルを防ぐために2

自分のブログに批判の書き込みがあった場合の対応はどうしたらよいでしょう。
たいてい批判のある場合は原因があります。
その原因は自分にとっては取るに足らないものでも相手にとっては重大な問題のものもあります。
そういった場合はできるだけその相手に対して批判的にならないようにしましょう。
争っても双方得るものはありません。むしろブログ運営のとって非常に妨げになるばかりです。
その相手の方が何に問題があるといっているのか耳を傾けてみましょう。
むしろ今後のブログ運営にとって非常にためになる意見をいただいてるといった気持ちで挑みましょう。
そうするとクレームをつけてきた方にも「ありがとうございます」といえると思います。
腹の立てている相手には非常に大問題でないかぎり謝罪と感謝でたいていは問題解決します。
せっかくですからブログ運営とともに人間のレベルアップもしましょう。
どうしてもそんなことは出来ないといわれる方にはオススメはしません。
ですがけんか腰で望むと問題解決からは遠ざかることが多いのも確かだと思います。

すぐに役立つトラブルにならないためのインターネットマナー
デジタル・ビジネスマナー30の基本


posted by 山田 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 危険から身を守るため | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
キーワードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。