2005年09月11日

アクセスアップで売上アップを狙え4

アンカーテキストの効果について
アンカーテキストというのは文字によるリンクのことです。
たとえば有名な例をだすとGoogleで「18歳未満」と検索したときyahooが上位に検索されていると思います。
「18歳未満」というキーワードがページ中に無くてもyahooが検索にヒットするのはアダルトのページなどで出口になってる「18歳未満」がyahooへのアンカーテキストになっているところが多いからなんです。
ですからあなたのサイトをキーワードで外部からリンクをたくさん張ってもらうことによりそのキーワードによりヒットしやすくなるのです。
相互リンクしてもらっている方に頼めるならリンクにあなたのサイトのキーワードを入れてもらうのがSEO対策としてはいいでしょう。ただあまり長いテキストになると了承してもらえないかもしれません。
まだ始めたばかりのサイトならタイトルキーワードが入るような名前にするとよりいいかもしれません。
たとえばうちのサイトであればリンクしてもらうとき
初心者のためのアフィリエイト情報ブログ ブログアフィリエイター
でしてもらうと初心者アフィリエイトブログというキーワードで検索エンジンに引っかかりやすくなります。
ただし長いのでリンクしていただく時には頼みにくいのでこれではお願いしてませんが。



SEO対策は自分でもある程度のところまでは出来ますが面倒な場合には専門の方にお願いするのもひとつの方法です。

SEO対策の無料相談を承っております。
ホームページ最適化ドットコム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
キーワードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。