2005年09月09日

アクセスアップで売上アップを狙え2

検索エンジンは大きく分けディレクトリ型検索エンジンロボット型検索エンジンに分かれます。

ディレクトリ型検索エンジンは人による審査を経たサイトのみが登録されます。
ですから、すべてのサイトが登録される訳ではありません。代表的なものはYahoo!Japanなどがあります。
ディレクトリー型検索エンジンは、表示順位は検索エンジン毎に一定のルールで決定されています。

ロボット型検索エンジン「クローラー」「スパイダー」などと呼ばれるロボット(プログラムの呼び名です。)がインターネット上のホームページをリンクをたどりながら徘徊して、自動的に収集していきます。したがってユーザーが登録する必要はありません。

ロボット型検索エンジンディレクトリ型検索エンジンとプログラムにより自動的に情報が収集されるため膨大な数のページが登録されます。

ロボット型検索エンジンはページ上のほぼすべてのテキスト情報が集められ、検索時のキーワードとなります。

これによりロボット型検索エンジンの検索結果ページの数はディレクトリ型検索エンジンに比べ圧倒的に多くなります。

一般に言う検索エンジン対策ロボット型検索エンジンの対策になります。


SEO対策は自分でもある程度のところまでは出来ますが面倒な場合には専門の方にお願いするのもひとつの方法です。

SEO対策の無料相談を承っております。
ホームページ最適化ドットコム

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
キーワードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。