2007年05月30日

ロングテール

今日の記事でロングテールという言葉を使いましたが一応解説 

インターネット上での現象は、頻度の低い要素の合計が全体に対して無視できない割合を占めるという法則のことで、インターネットが普及するまでの現実世界の中ではよく言われていた「上位2割の合計が全体の8割を占める」「2割のお客さんから8割の売り上げ」「2割の社員が8割働く」というような経験則、いわゆる「20:80の法則」が言われてきていたがインターネットが普及してきてからは、オンラインショップの売り上げなどを調べると、少しずつしか売れない商品の売り上げをすべて合計すると無視できない割合になり、逆に売り上げ上位の少数の製品を合計しても大した割合にはならないという今までの「20:80の法則」が通用しない事例が出てきたので出てきた言葉。

どんな情報でも簡単にアクセスできるネットの特性から考えると大多数とは趣味の違うこだわりのある少数派がネットのおかげで今までなかなか手に入らなかったものや店では見かけなかったものが手に入るわけで当然そういったロングテールな現象は起こるでしょうしネットのおかげでロングテールなキーワードに触れる人が増えているのも要因でしょう。

アフィリエイトでもニッチなキーワードで結構な成果をあげている人もいます。

ノーリスクでこだわりを追求出来るのもアフィリエイトならではです。

実店舗ではリスクが怖くてなかなか手が出せませんからw


こだわりのロングテールアフィリエイトにw電脳卸A8.net



posted by 山田 at 11:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

今日もコメントに来ました。

いつも楽しい記事を楽しみにしています。

応援してます!

私のブログも応援してね。
Posted by たかぽん at 2007年05月30日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
キーワードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。